良質なコーヒーを探求すれば
必ず耳にする言葉があります。
「From Seed to Cup(種子からカップまで)」
生産する農園からお客様の口に入るまでを
総合的に
管理するという意味合いが近いかもしれません。
PASSIONE全自動コーヒーマシンは
この「to Cup」の部分の役割を行っています。
このプロセスをもっと具体的に表せば、
カッティング(挽きたて)と抽出(淹れたて)
ということになります。
コーヒー豆の雑味を抑えつつ、
香味・コクを最大限に引き出し、
豆本来の個性を一杯のコーヒーに投影する。
なぜ引き出せるのか?
ここに「PASSIONE全自動コーヒーマシンが選ばれる」
理由が存在します。

全自動コーヒーマシンPASSIONEが選ばれる理由




冷たいカップを使うとコーヒーは、おいしくなくなるの?
日本人は自己体温±25℃~30℃程度の飲み物が美味しく感じるといわれます。
カフェや喫茶店のホットコーヒーの場合は、おおよそ70℃~75℃程度で提供されるケースが多いと考えられます。もしも、冷たいカップでコーヒーの温度が急激に奪われてしまった場合、香りや風味が壊れてしまう可能性があります。
そんな時はPASSIONE全自動コーヒーマシンのカップウォーマープレイスや右タップでお湯をだし湯煎してカップを温めてからコーヒーを抽出すれば最適な温度(ころあい)をより長く楽しむことができます。