製品情報

製品情報
その他のPASSIONE製品を見る

製品仕様

仕様

製品名 PASSIONE全自動コーヒーマシン
シリーズ名(型番) MASTERMIND550(ABWSD550)
外形寸法(幅×高さ×奥行) 280×350×425mm
本体重量 9.5 kg
電源コードの長さ 約1.3m
電圧/周波数 AC100V/50/60Hz
消費電力 1400W
ポンプ圧 最大15 気圧
ボイラー シングル
水タンク容量 約1.9L
豆タンク容量 200g
ボイラー 1個
抽出方式 全自動
グラインダー 6段階
コーヒーパウダー 使用可(最大14g)
コーヒー濃度設定 MILD/NORMAL/STRONG
抽出量調節 1杯抽出: 30~240ml
2杯抽出: 約60~480ml
コンテナ(カス受け)容量 最大15 盛
適正抽出杯数杯/日 50杯/日

操作・機能系

  • グラインダー調整機能

    グラインダーは高さを調節することで粒度を6段階まで設定できます。
  • 抽出量の設定

    ダイヤル一つで簡単に30-240mlまで抽出量を選択できます。
  • 選べるコーヒー濃度

    挽いた豆の使用量は、MILD、NORMAL、STRONGの3レベルで選べます。
  • 2カップ機能

    ボタン一つで2カップのコーヒーを淹れる事ができます。
  • 選べる温度設定

    お湯の温度はHigh(約75度)、Normal(約72度)から選べます。
    ※カップに注がれる際の温度となります。
  • AROMA機能搭載

    AROMA機能搭載により、お湯と挽いた豆を浸す時間をstanderd、insentiveの2種から選べます。香り・テイスト共にお愉しみください。
  • 自動リンス機能搭載

    15杯に1度行われるリンス機能が搭載されています。
  • カップウォーマープレイス

    暖かいカップで淹れるコーヒーの温度が下がらないようカップウォーマープレイスを完備しています。火傷の事故を考慮して熱くなりすぎないことが特徴です。
  • 上下可動抽出ノズル

    カップの高さに合わせて調節可能な抽出ノズルでこぼれることなくカップにコーヒーを収めます。
  • パウダーコーヒー(挽豆抽出)

    お気に入りの挽きたてコーヒーがあれば、あとは入れるだけ。コーヒー粉でおいしいコーヒーを淹れることができます。
  • 上部キャニスター

    豆が投入しやすいようグラインダーに直結するキャニスターは上部に配置。2重構造の蓋で紫外線から豆を守ります。
  • スチーム搭載

    スチームの搭載によりカップを素早く温める事もきめ細かくミルクを泡立てることも可能です。カフェで飲むようなふわふわなミルクを自分で創れることが最大の特徴です。
    上質なミルクメニューをお楽しみください。
  • ミルクフォーム

    ミルクフォームの搭載により、どなたでも簡単にミルクを使用したカフェラテ、カプチーノ等のサードウェーブ系がご堪能頂けます。
  • トレー

    トレーの中には挽きカスを簡単に捨てられるように専用ボックスを用意してあります。

各部名称

至高の一杯には理由がある



  • 6段階で豆を均等に挽くイタリア製グラインダー



  • マシン隅々まで水を行き渡らせるイタリア製ポンプ



  • 高度な燃焼を制御コントロールするイタリア製ボイラー



  • 噛み合う歯車の狂いのないムーブメントを支えるモーターサブアセンブリー



  • 豆を挽いた粉を圧縮し、ボイラーで創りだしたお湯で均等に蒸すことにより丁寧なコーヒーが産み出す、ブリューイングユニット



  • 精密な動作を制御するマイコン(メイン基盤)

情熱の2秒が豆の個性を
最大限に引き出す

グラインダーで挽いた豆は、好みに合わせて細かく均一な粉状になります。挽かれた豆はその風味を余すこと無く発揮をするためにブリューイングユニットでコーヒータブレット状に圧縮されます。そしてパワフルな小型ポンプで押し出される水をボイラーに預けることによりコーヒーの旨みを開放するため一気に加熱したお湯は圧縮されたコーヒータブレットの元へ送られます。

ここで重要なのは少量のお湯をコーヒータブレットに触れさせた瞬間、ポンプは約2秒間全面停止をします。この2秒間でコーヒータブレットにお湯を浸透させてから再びポンプを再起動し設定のコーヒーの量のお湯でコーヒータブレットを蒸らします。程なくして置いたカップに風土溢れるアロマが香り、最高の一杯が注がれます。この2秒間を設ける事により粉がお湯の上に浮き上がることなく、挽いた豆全体に偏りなくお湯で蒸らす事を実現します。いきなりお湯と挽いた粉を一気に浸してしまうマシンの場合、上部の粉は浮き上がってしまいます。その結果、お湯と粉の浸し方に偏りが出てしまい、豆本来の個性を最大限に味わうことは難しくなります。

この情熱の2秒は高度な精密制御ソフトによりグラインダー、ポンプ、ボイラーを始めモーターサブアセンブリー、ターボフィクシングフレイム、ブリューイングユニット、スチームバルブなど様々な細かい部品までをしっかりとコントロールできている精巧なマシンの証と自信でもあるのです。

グラインダーで挽いた豆は、好みに合わせて細かく均一な粉状になります。挽かれた豆はその風味を余すこと無く発揮をするためにブリューイングユニットでコーヒータブレット状に圧縮されます。そしてパワフルな小型ポンプで押し出される水をボイラーに預けることによりコーヒーの旨みを開放するため一気に加熱したお湯は圧縮されたコーヒータブレットの元へ送られます。

ここで重要なのは少量のお湯をコーヒータブレットに触れさせた瞬間、ポンプは約2秒間全面停止をします。この2秒間でコーヒータブレットにお湯を浸透させてから再びポンプを再起動し設定のコーヒーの量のお湯でコーヒータブレットを蒸らします。程なくして置いたカップに風土溢れるアロマが香り、最高の一杯が注がれます。この2秒間を設ける事により粉がお湯の上に浮き上がることなく、挽いた豆全体に偏りなくお湯で蒸らす事を実現します。いきなりお湯と挽いた粉を一気に浸してしまうマシンの場合、上部の粉は浮き上がってしまいます。その結果、お湯と粉の浸し方に偏りが出てしまい、豆本来の個性を最大限に味わうことは難しくなります。

この情熱の2秒は高度な精密制御ソフトによりグラインダー、ポンプ、ボイラーを始めモーターサブアセンブリー、ターボフィクシングフレイム、ブリューイングユニット、スチームバルブなど様々な細かい部品までをしっかりとコントロールできている精巧なマシンの証と自信でもあるのです。

マシンの使い方

コーヒーを淹れる

  • 01. コーヒースポットの高さを調整する コーヒースポットの下にカップを置き、スポットの高さを調整します。
    ※使用するカップはカップウォーマープレイスで温めるか湯銭をすると急激な温度変化がなく、より美味しいコーヒーが楽しめます。

  • 02. 水の量を調整する ダイヤルを回すことで抽出量を調整できます。(30ml~240ml)
    ※抽出量は内部を通る計量器の量です。
    実際の抽出量はコーヒーパウダーなどを蒸らすので多少目減りします。

  • 03. 1カップキーを押す 2杯分なら2カップキーを押します。
    ※グラインダーは予め豆の焙煎度とお好みに合わせて設定をしておく。

  • 04. 濃さを調整する 続けてキーを押すと、コーヒーの濃さを3段階で調整できます。(薄い「MILD」<「NORMAL」<「STRONG」濃い)

  • 05. 抽出開始 抽出を開始します。

  • 06. できあがり ホットコーヒーの出来上がりです。
    お好みに合わせてミルクと砂糖をお使いください。
アイスコーヒーを淹れる ※215ml容量のグラスの場合
※グラスでアイスコーヒーを淹れる場合、必ず耐熱ガラスをご使用ください。
耐熱ガラスではない場合、熱湯でグラスが割れ怪我ややけどの原因となります。


  • 01. 氷をグラスにいれる 氷を用意し、約105g程度グラスへいれてください。この時、氷は出来る限り天然水で出来たものをご使用ください。
    より美味しいアイスコーヒーが出来上がります。

  • 02. コーヒースポットの高さを調節する コーヒースポットの下にカップを置き、スポットの高さを調整します。氷が溶けることを想定し、濃い目でいれるのがポイント。
    • ・グラインダー設定:極細挽き
      ・温度設定:HIGH
    • ・濃度設定:STRONG
      ・排出量:120ml

  • 03. 1カップキーを押す 02でご紹介した設定をしたら、濃度をSTRONGにし忘れないようにして1カップキーで抽出します。

  • 04. 氷を調整する 出来上がりの濃さや見た目の良さを気にしながらお好みで氷を追加する。

  • 05. できあがり アイスコーヒーの出来上がりです。
    お好みに合わせてミルクとガムシロップをお使いください。
カフェラテを淹れる

  • 01. ミルクフローサーを設置する セレクターダイヤルをカフェラテ(ホットミルク)に設定してください。

  • 02. ホースを直接ミルクに浸し、カップを置く ミルクは別の容器をご用意ください。カップをミルクフローサーの抽出口の下に置きます。
    ※写真の容器は製品に付随してません。

  • 03. スチームキーを押す スチームノズルが加熱されスチームの準備を行います。ディスプレイに「HEATING」と表示されます。

  • 04. スチームキー/熱水タップを開く 「STEAM READY」と表示されたら準備完了です。スチーム/熱水タップを右に回し開いてください。

  • 05. スチーム開始 ダイヤルを回すとスチーム時間を調整できます。

  • 06. コーヒーを淹れてできあがり スチーム終了後、通常の手順でコーヒーを入れたらカフェラテの出来上がりです。
    ※コーヒーの淹れかたは上記「コーヒーを淹れる」をご参照ください。
カプチーノを淹れる

  • 01. ミルクフローサーを設置する セレクターダイヤルをカプチーノ(泡立ちミルク)に設定してください。

  • 02. ホースを直接ミルクに浸し、カップを置く ミルクは別の容器をご用意してください。 カップをミルクフローサーの抽出口の下に置きます。
    ※写真の容器は製品に付随しません。

  • 03. スチームキーを押す スチームノズルが加熱され、スチームの準備を行います。ディスプレイに「HEATING」と表示されます。

  • 04. スチームキー/熱水タップを開く 「STEAM READY」と表示されたら準備完了です。スチーム/熱水タップを右に回し開いてください。

  • 05. スチーム開始 ダイヤルを回すとスチーム時間を調整できます。

  • 06. コーヒーを淹れてできあがり スチーム終了後、通常の手順でコーヒーを入れたらカプチーノの出来上がりです。
    ※コーヒーの淹れかたは上記「コーヒーを淹れる」をご参照ください。
使い方動画
目次
メッセージ/ディスプレイ表示一覧

下のボタンからメッセージ/ディスプレイ表示一覧をご覧いただけます。

ディスプレイ表示一覧はこちら
お客様ご相談窓口

お客様ご相談窓口

フリーダイヤル
0120-777-485

平日10:00~18:00

  • ・製品に関するご購入、ご質問、お見積もりコーヒー豆のご購入等お気軽にお問合せ下さい。
  • ※年末年始、ゴールデンウィークその他都合によりお休みさせていただくことがございますので予めご了承ください。
    フリーダイヤルは携帯電話・PHSからもご利用になれます。
  • ※土日祝祭日はお休みをいただきます。
  • ※ IP電話などフリーダイヤルをご利用いただけない場合は047-318-2685(通話料お客様ご負担)までお問い合わせください。
WEBでお問い合わせ

WEBでお問い合わせ

365日 24時間受付可能

  • ・営業時間内にお電話ができない場合などは下記のお問い合わせフォームボタンをクリックして頂き、詳細のご記入をお願い致します。追って、担当者よりご返信をさせて頂きます。
  • ※弊社からのメールは @passione.jp ドメインのアドレスから送信されます。このドメインからのメールを受信可能な設定にお願い致します。
製品の修理について

製品の修理について

  • ・PASSIONEではご購入製品を長くお使いいただくため製品の修理サービスを行っております。
  • ・保証期間内であり、私たちがお約束した使用条件内での故障(保証書内容に準じる)につきましては無償にて製品の修理、もしくは交換をさせていただきます。また上記以外の場合の故障につきましては有償にて修理、交換をさせていただきます。
品質保証について

品質保証について

  • ・ご購入頂いた全てのお客様がしっかりと良質なコーヒーを楽しめるように。PASSIONEでは保証書を発行させて頂いた製品の品質をメーカー保証いたします。また弊社より発送してお客様のお手元に届いた時点で、万が一製品にに欠陥があった場合下記のお客様サポートセンターまでご相談ください。商品の交換および修理をさせていただきます。
  • ・大変心苦しいことではございますが交換、修理が難しい場合は商品代金をご返金させて頂きます。くわしくは商品に付属の保証書をご覧ください。