自分だけの空間でリラックスして飲むコーヒーが一番

実は味覚は体調や精神状態にもより感じ方が異なるものだということが言われています。
それは味を感じることは舌を通して脳が感じるものだからかもしれません。
お店でいつものリラックスができればそれもまた気分転換に良いですし、いつも通りのリラックスの状態でゆっくりと流れる時間の中で、特別な一杯を愉しみたいならば家コーヒーは格別なコーヒーといえるでしょう。

マシンを可愛がる

ホテル客室向け全自動COFFEEMACHINEブランドPASSIONEは他のどの精密機械よりも繊細なメカニックマシンと言えるかもしれません。
それは細かいネジやゴムを合わせると約2500個の部品から成り立つ事、体に入れる飲み物である事、そしてコーヒーという人類最高峰の喜びである事が理由です。
よって大変心苦しいことではございますが、コーヒー豆本来のテイストを感じるためには定期的にメンテナンスが必要な製品であることは事実です。
これはコーヒーマシン全製品にいえることかと思いますが、どんなに性能が向上し、キャッチーなセールスポイントを挙げ、品質が向上したとしても良質なコーヒーを飲むためにはメンテナンスが不可欠だということは変えがたい事実なのです。
逆に言えばメンテナンスが行き届いていない製品から作られるコーヒーは豆本来のポテンシャルを引き出すことはできずテイストは必ずといっていいほど劣化します。
しかし、簡単にちょっと手をかけるだけであなた好みの最高の一杯を見つけ出すツールでもあり、手段でもあるのです。
どうかそんなちょっと手のかかる所も可愛がって頂き、味わいの旅をゆっくりとご堪能頂ければ幸いです。
ホテル客室向け全自動COFFEEMACHINEブランドPASSIONEは他のどの精密機械よりも繊細なメカニックマシンと言えるかもしれません。
それは細かいネジやゴムを合わせると約2500個の部品から成り立つ事、体に入れる飲み物である事、そしてコーヒーという人類最高峰の喜びである事が理由です。
よって大変心苦しいことではございますが、コーヒー豆本来のテイストを感じるためには定期的にメンテナンスが必要な製品であることは事実です。
これはコーヒーマシン全製品にいえることかと思いますが、どんなに性能が向上し、キャッチーなセールスポイントを挙げ、品質が向上したとしても良質なコーヒーを飲むためにはメンテナンスが不可欠だということは変えがたい事実なのです。
逆に言えばメンテナンスが行き届いていない製品から作られるコーヒーは豆本来のポテンシャルを引き出すことはできずテイストは必ずといっていいほど劣化します。
しかし、簡単にちょっと手をかけるだけであなた好みの最高の一杯を見つけ出すツールでもあり、手段でもあるのです。
どうかそんなちょっと手のかかる所も可愛がって頂き、味わいの旅をゆっくりとご堪能頂ければ幸いです。

お家でコーヒーの個性を活かすために、失敗しない水の選び方

はじめに
コーヒーは不確定要素が多い嗜好品です。
世界中に数え切れないほどの愛飲家、コーヒーショップ、研究者、焙煎士、バリスタ、コーヒーメーカーが存在します。
嗜好品であるが故、見解や理解や感じ方も人それぞれであり、それが正しいとも言えるところがコーヒーの面白さでもあります。
 
現在、市場に出回るコーヒ豆の種類と水(ミネラルウォーター)の種類も数多く存在します。
ここでは「水」をテーマにPASSIONEの推奨をご提案させて頂きますが、これもあくまで一見解であることを予めご理解の上、ご参照ください。
その上で、皆様ならではのコーヒー豆と水(ミネラルウォーター)の相性やマシンの設定等
ご自分だけのマスタープランをお探し頂けましたら、コーヒーマシンブランドとして最高の喜びでございます。

「コーヒー」という映画の「水」の役割

「コーヒー」を映画に例えるならば
「水」は名脇役といっても過言ではない

人によってこだわりや偏りが表れる所がコーヒーの面白く、奥深い魅力です。
コーヒー豆にこだわると、焙煎にこだわる。
焙煎にこだわると淹れ方にこだわる。
淹れ方にこだわると道具にこだわる。

そして最後は「水」にこだわる。
ご存知の通り、コーヒーは液体です。体の中に入るそのほとんどは水分でできています。
ここに「水」と「コーヒー豆」の重要な結びつきと相性が隠れています。

コーヒーの味わいや風味は水によって変化する

水の種類は大きく分けて「軟水」と「硬水」が存在します。
「軟水」と「硬水」は水に含まれるカルシウム(Ca)とマグネシウム(Mg)の 含有量により決まります。

コーヒーにとって「軟水」と「硬水」のどちらがいいのか?

コーヒーとコーヒーマシンにとって相性が良い水は「軟水」

個人の好みもありますが、一般的にコーヒーと相性が良い水は「軟水」と言われています。
「軟水」は、コーヒーに含まれる成分と反応しやすいカルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)、ナトリウム(Na)、カリウム(K)などのミネラル分が少ないので豆への影響を与えにくく、コーヒー本来の個性を楽しむことができます。
「硬水」の場合、カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)を多く含みます。
カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)はコーヒーに含まれる成分の「クロロゲン酸類」・「ショ糖」と結合しやすく、コーヒー本来の個性を損なってしまう可能性があります。
また、コーヒーマシンにとっても「軟水」は相性が良いといえます。水タンク内の水はマシン内に張り巡らされた細いホース(配管)を通って摘出を行います。
そのためミネラル(特にカルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg))の含有量が多いと細いホース(配管)が詰まりやすくなってしまうのです。

※マシン内の細いホース(配管)が詰まるとボイラーが空焚きをしてしまい故障の原因となります。定期的にミネラル抜きを行ってください。
※マシンのミネラル抜きについては「PASSIONE専用除石灰洗浄タブレット」をご利用ください。

コーヒーにとって「軟水」と「硬水」の
どちらがいいのか?

コーヒーとコーヒーマシンにとって
相性が良い水は「軟水」

個人の好みもありますが、一般的にコーヒーと相性が良い水は「軟水」と言われています。
「軟水」は、コーヒーに含まれる成分と反応しやすいカルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)、ナトリウム(Na)、カリウム(K)などのミネラル分が少ないので 豆への影響を与えにくく、コーヒー本来の個性を楽しむことができます。
「硬水」の場合、カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)を多く含みます。
カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)はコーヒーに含まれる成分の「クロロゲン酸類」・「ショ糖」と結合しやすく、コーヒー本来の個性を損なってしまう可能性があります。
また、コーヒーマシンにとっても「軟水」は相性が良いといえます。水タンク内の水はマシン内に張り巡らされた細いホース(配管)を通って摘出を行います。
そのためミネラル(特にカルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg))の含有量が多いと細いホース(配管)が詰まりやすくなってしまうのです。

※マシン内の細いホース(配管)が詰まるとボイラーが空焚きをしてしまい故障の原因となります。定期的にミネラル抜きを行ってください。
※マシンのミネラル抜きについては「PASSIONE専用除石灰洗浄タブレット」をご利用ください。

水道水は軟水?硬水?

日本の水道水は基本的には軟水ですのでコーヒーとコーヒーマシンには適しているといえるかもしれません。
しかし、塩素、カルキ、不純物の味や香りが気になる場合は浄水器を通した水をご利用頂く事がお勧めです。

また、塩素やカルキを抜くために沸騰させた水を保存し、再沸騰させてコーヒーを入れると水の中に含まれる二酸化炭素の含有量が減少し
コーヒーの質が下がり、味が必要以上に重くなります。

まとめ

PASSIONE全自動コーヒーマシンはヨーロッパ産のナチュラルミネラルウォーターも日本産のミネラルウォーターも水道水も対応可能です。 ただし、出来る限りカルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)が抑えた水をメーカー推奨とさせて頂きます。

毎日コーヒーを入れる中で、ちょっとした拘りでより質の高いコーヒーは飲める物です。
それはその日の1杯目は飲まず2杯目から飲みましょう。
理由は簡単!
前日に使った挽きかけの粉やホース内に水が残っているからです。
もちろん30mlの少量で構いません。2杯目からの方がしっかりとした
挽きたてコーヒーをご堪能頂けます。
コーヒーに相性の良い砂糖は?
コーヒーに相性の良い砂糖は、コーヒーの味を邪魔しない砂糖と言われています。

砂糖の種類
◎グラニュー糖
◎コーヒーシュガー
◎ガムシロップ
○角砂糖

△ブラウンシュガー
△黒糖
: 精製している砂糖。さらさらとして溶けやすくコーヒーに最適。
: 氷砂糖を粗めに砕き、カラメルを絡め、香ばしい風味と独特のコクを生み出す。
: 砂糖と水を煮詰めたもの。アイスコーヒーにぴったり。
: グラニュー糖を固めたもの。ブロックなので微調整がきかないので
 溶けきるまで甘さがわからないのが難。
: 精製してない茶色の砂糖。ナトリウム、カリウムが多くコーヒーには合わせにくい。
: さとうきびの煮汁を煮詰めたもの。ミネラルが豊富でコーヒーには合わせにくい。
コーヒーに相性の良いミルクは?
コーヒーに相性の良いミルクは、コーヒーと調和が取れるミルクと言われています。
ミルクには大きく分けて動物性ミルクと植物性ミルクがあります。
植物性ミルクは植物由来なのでマイルドなコーヒーと合わせやすいと言われます。
動物性ミルクは、コクが強いので苦味が強いコーヒーに合わせやすいと言われます。
通常、乳脂肪分は20%~30%のミルクがコーヒーに使われています。
お客様ご相談窓口

お客様ご相談窓口

フリーダイヤル
0120-777-485

平日10:00~18:00

  • ・製品に関するご購入、ご質問、お見積もりコーヒー豆のご購入等お気軽にお問合せ下さい。
  • ※年末年始、ゴールデンウィークその他都合によりお休みさせていただくことがございますので予めご了承ください。
    フリーダイヤルは携帯電話・PHSからもご利用になれます。
  • ※土日祝祭日はお休みをいただきます。
  • ※ IP電話などフリーダイヤルをご利用いただけない場合は047-318-2685(通話料お客様ご負担)までお問い合わせください。
WEBでお問い合わせ

WEBでお問い合わせ

365日 24時間受付可能

  • ・営業時間内にお電話ができない場合などは下記のお問い合わせフォームボタンをクリックして頂き、詳細のご記入をお願い致します。追って、担当者よりご返信をさせて頂きます。
  • ※弊社からのメールは @passione.jp ドメインのアドレスから送信されます。このドメインからのメールを受信可能な設定にお願い致します。
製品の修理について

製品の修理について

  • ・PASSIONEではご購入製品を長くお使いいただくため製品の修理サービスを行っております。
  • ・保証期間内であり、私たちがお約束した使用条件内での故障(保証書内容に準じる)につきましては無償にて製品の修理、もしくは交換をさせていただきます。また上記以外の場合の故障につきましては有償にて修理、交換をさせていただきます。
品質保証について

品質保証について

  • ・ご購入頂いた全てのお客様がしっかりと良質なコーヒーを楽しめるように。PASSIONEでは保証書を発行させて頂いた製品の品質をメーカー保証いたします。また弊社より発送してお客様のお手元に届いた時点で、万が一製品にに欠陥があった場合下記のお客様サポートセンターまでご相談ください。商品の交換および修理をさせていただきます。
  • ・大変心苦しいことではございますが交換、修理が難しい場合は商品代金をご返金させて頂きます。くわしくは商品に付属の保証書をご覧ください。