全自動コーヒーマシンの
使い方

目次
目次
フィリングシステム
コーヒーマシンを起動する際、マシン内の管に水が行き渡っていない場合があります。 その際にマシン内に水を巡らせ、器官を満たそうとする動作が「FILLING SYSTEM」です。 ※初回起動時には必ず表示されます。


  • 1. スチームノズルの下にカップを置き、電源を入れます。

  • 2.「FILL WATER」と表示されたら、タンクに十分な量の水を入れます。

  • 3.「OPEN TAP」と表示されたら、スチーム/熱水タップを開きます。

  • 4.「FILLING SYSTEM」と表示されます。この時、マシン内の器官全体に水が巡り、満たされます。

  • 5.「CLOSE TAP」と表示されたら、スチーム/熱水タップを閉じます。

  • 6.「HEATING」と表示されます。予熱が完了すれば抽出可能です。
    ※「PRESS RINSE」と表示される場合は、リンスボタンを押し、自動洗浄を行なってください。
    後に「HEATING」となります。
コーヒーを淹れる(1杯分)

  • 1. ディスプレイに「READY」と表示されているのを確認します。

  • 2.ダイヤルで水の量を調節します。

  • 3.コーヒースポットの下にカップを置いて、抽出ノズルをさげてください。

  • 4. 1カップキーを押し、好みの濃さに設定してください。
    ※1カップキーを続けて押すと「NORMAL」「STRONG」「MILD」と切り替わります。「MILD」が一番薄く、「STRONG」が一番濃くなるように設定されています。

  • 5.抽出を開始します。
    ※アイスコーヒーの場合は、グラスに一杯の氷を入れ、コーヒーを濃い目に抽出します。
コーヒーを淹れる(2杯分)

  • 1. ディスプレイに「READY」と表示されているのを確認します。

  • 2.ダイヤルで水の量を調節します。
    ※入力された水の量の2倍の量で抽出されます。

  • 3.コーヒースポットの下にカップを2つ置いて、抽出ノズルをさげてください。

  • 4. 2カップキーを押してください。
    ※2杯分のコーヒーを入れる際は、コーヒーの濃さを調節できません。自動的に「MILD」に設定されます。

  • 5.抽出を開始します。
粉コーヒーを使う

  • 1. ディスプレイに「READY」と表示されているのを確認します。

  • 2.ダイヤルで水の量を調節します。

  • 3.粉コーヒータンクのカバーを開けてください。ディスプレイに「FILL POWDER」と表示されます。

  • 4. 必要な粉コーヒーをタンクいれ、カバーを閉めます。ディスプレイに「CUP BUTTON SELECT」と表示されます。

  • 5.1つ(もしくは2つ)のカップをコーヒースポットの下に置きます。

  • 6.1カップ、もしくは2カップキーを押し、コーヒーを抽出を開始します。
・インスタントコーヒーは使用しないでください。
・挽きたての粉、もしくは真空パックで保存された粉の使用をおすすめします。
・付属のスプーンで3杯分以上の粉を一度に入れないでください。
・お使いの粉コーヒーの、粒の大きさを確認してください。細かすぎると抽出前に、コーヒースポットからこぼれ、故障の原因となります。
・粉の量が少なすぎた場合、ディスプレイに「ADD MORE POWDER」と表示されます。
熱水を出す

  • 1. ディスプレイに「READY」と表示されているのを確認します。

  • 2.ダイヤルで水の量を調節してください。

  • 3.スチームノズルの下にカップを置きます。

  • 4. スチーム/熱水タップを開いてください。

  • 5.ディスプレイに「CLOSE TAP」と表示されたら、スチーム/熱水タップを閉めてください。
スチームを出す

  • 1. ディスプレイに「READY」と表示されているのを確認します。

  • 2.スチームキーを押します。ディスプレイに「HEATING」と表示されたら加熱が開始されます。

  • 3.「STEAM READY」と表示されたら準備完了です。スチーム/熱水タップを開くと、抽出が開始されます。

  • 4. ダイヤルを回すと、スチーム時間を調節できます(例「35SEC」=35秒間)。スチーム時間を調節しない場合は、最後に調節した際の値が適用されます。

  • 5.スチーム中はディスプレイに「STEAM」と表示されます。「CLOSE TAP」と表示されたら、スチーム/熱水タップを閉じてください。
・長く安全にお使いいただくために、スチームノズルを定期的に掃除してください。洗浄の際は流水で洗ってください。
・スチームノズルは適切に設置してください。誤った設置の仕方をすると、故障の原因となります。
・実際にスチームを行う前に、装置内の水を逃がす動作を行うため多少の時間がかかります。
・抽出の動作を始めるとノズルが熱くなります。肌などに触れないようにしてください。また、抽出直後に熱水がはねたりしないように注意してください。
カプチーノ・ホットミルク・
カフェラテを淹れる
付属のカプチーノフローサーを使用して、カプチーノ、ホットミルク、もしくはカフェラテを淹れることができます。



  • 1. スチームノズルを取り外してください。

  • 2.カプチーノフローサーを取り付けます。

  • 3.ホースの片方をフローサーのダイヤルの後ろに装着します。ミルクを吸い出すため、別の容器をご用意ください。

  • 4. ミルク用に用意した容器にミルクを入れ、ホースを直接ミルクに浸してください。

  • 5.カプチーノにする場合は、セレクタ−ダイヤルを上に設定します。

  • 6.スチームキーを押してください。ディスプレイに「HEATING」と表示されます。

  • 7.「STEAM READY」と表示された、カップを用意し、スチーム/熱水タップを開いてください。

  • 8.ダイヤルを回すと、スチーム時間を調節できます(例「35SEC」=35秒間)。スチーム時間を調節しない場合は、最後に調節した際の値が適用されます。

  • 9.スチーム中はディスプレイに「STEAM」と表示されます。「CLOSE TAP」と表示されたら、スチーム/熱水タップを閉じてください。

  • 10.そのままコーヒーを淹れるとカプチーノになります。

  • 11.ホットミルクにする場合はセレクタ−ダイヤルを下に設定してください。ホットミルクを入れ、コーヒーを足すとカフェラテになります。
カプチーノフローサーの洗浄方法
カプチーノフローサーは、操作するごとに洗浄してください。
※適切に掃除を行うために、自動洗浄装置をお使いください。



  • 1. 水で満たした容器にホースを浸し、泡が出なくなるまでスチームを出します。白い泡がでなくなってからタップを閉じます。

  • 2.必要に応じてフローサーを分解し、流水で洗浄してください。

コーヒーグラインダーの
使い方

豆を挽く

  • 1.蓋を開け、豆を中に入れます。

  • 2.豆ポッド(上部の豆を入れるところ)を回し、豆の挽き方を選択します。(粗挽〜極彩挽まで10段階)
    ※豆ポッドについている印を、本体の目盛りに合わせて選択します。

  • 3.ダイヤルで、杯数を設定します。

  • 4.スタートボタンを押します。

メッセージ/ディスプレイ
表示一覧 (ABC順)

ADD TABLET : 専用洗剤を入れる AM PM : 時計表記 12時間表記 AROMA : アロマの設定 CHG FILTER : フィルターの交換を行う CLEANING : 掃除中 CLOSE TAP : スチーム/熱水タップを閉じる CUP BUTTUN SERECT : 1カップ(2カップ)キー選択 CUPS MADE : これまでの抽出量 DECALC.ON : 垢取り開始 DISPLAY : ディスプレイ表示設定 EMPTY GROUNDS : コーヒーコンテナを空にする EMPTY TRAY : トレーを空にする EMPTYING : マシン内容物排出中 FAULT : 電源を入れ直す FAULT 1-5 : 水タンクの設置不良 FILL BEANS : 豆を入れる FILL POWDER : 粉コーヒーを入れる FILL WATER : 水を入れる FILLING SYSTEM : システム反応あり FILTER : フィルターの設置 HARDNESS : 水硬度の設定 HEATING : 抽出準備中 HIGH : 水温度の設定 高 INSENSIVE : アロマの設定 強 INSERT : フィルター作動開始 LANGUAGE : 言語の設定(日本語は対応していません) LEVEL1-4 : 水硬度レベル1-4 MILD : コーヒー濃度 薄 ML : 水量表記 ミリリットル
ML/OZ : 水量表記の設定 NO : フィルター準備中 NO TRAY : ドリップトレーが入っていない NOMAL : コーヒー濃度 普通 OPEN TAP : スチーム/熱水タップを開く OZ : 水量表記 オンス POWDER : 粉コーヒー PRESS RINSE : メンテナンスキーを押す READY : 抽出準備完了 READY CLEAN : 掃除が必要 READY DECALCIFIY : 垢取りが必要 READY FILTER : フィルター交換が必要 RINSING : 洗浄中 SOLVENT IN TANK : 水タンクに専用洗剤を入れる STANDARD : アロマの設定 通常 STEAM READY : スチーム準備完了 STRONG : コーヒー濃度 濃 TEMP : 水温度の設定 TIME : 時間の設定 TOTAL : これまでの抽出量 TRAY MISSING : ドリップトレーが入っていない UNIT OFF : 自動電源オフの設定 UNIT ON : 自動電源オンの設定 YES : フィルター準備完了 WARTER : 熱水抽出 30-180ML : 30-180ミリリットル 抽出量 24H : 24時間表記 時間表記の設定 2CUPS : 2杯分抽出 3-120SEC : 3-120秒 スチーム時間

【Fault】
表示メンテナンスにつきまして

~まずはじめに~
ご使用中にもしも【Fault】が表示されましたら、まずは電源をOFFにしてください。その後10分経過しましたら再起動をしてください。
その際、初めに表示されていた【Fault】の番号が変化しましたらメモを取りサポートまでお知らせください。

不良内容 エラー部品識別エラ|部品識別 原因 備考・対処方法備考

対処方法
Fault1 温度センサー
(ボイラーのサーモスタッド)
温度センサーが反応しない
1.温度センサーのがしっかりと接続されていない。
または接続不良を起こしている。
2.温度センサーの損傷
3.温度が高すぎるため耐久範囲を超えている。
こちらの【Fault】対応はメーカーのみ対応可能です。
サポートセンターに連絡をしてください。
TEL:0120-777-485
MAIL:info@passione.jp
Fault2 温度センサー
(ボイラーのサーモスタッド)
ボイラーの表面温度が160℃を超えている(ボイラーラックが溶ける可能性がある)。
【160℃を超える主な原因】
1.システム点検作業によって高温になることがある。
2.メインの電子基盤の故障によりボイラーが継続的に作動し高温になり、蒸気を噴出する。
3.ボイラー内部でショートした。
4.メインの電子基盤がショートした。
こちらの【Fault】対応はメーカーのみ対応可能です。
サポートセンターに連絡をしてください。
TEL:0120-777-485
MAIL:info@passione.jp
Fault3 (水)計量器 水計量器のカウンターが正常に働いていない。
1.ウォーター(水)タンクが正しく設置されていない。
2.ウォーター(水)タンクの底部の排出口やタンクの下のフィルター部分に異物が詰まっている。
3.水計量器の電子配線の接続不良、または水計量器の内部の注入口/排出口に異物が詰まっている。
4.水計量器の損傷。
5.ポンプが作動していない、または正常に働いていないため、水路に水が通わない。
6.ポンプの逆流防止のための弁が詰まっていて水路に異常が起きている。
原因が1,2,3の場合はお客様ご自身でのご対応が可能です。以下のように対応してください。
原因1の場合:ウォーター(水)タンクを正しく設置してください
原因2の場合:ウォーター(水)タンクの底部の排出口に異物が詰っていないか確認してください。
タンク下のフィルター部分を掃除してください。
原因3の場合:水計量器の配線の接続を確認するか、水計量器の中を掃除してください
こちらの【Fault】は最も表示されやすい内容です。
主にウォーター(水)タンクが正しく設置されていない時によく表示されます。お問い合わせ前にウォーター(水)タンクの設置及び底部の排出口、タンク下のフィルター部分の異物を確認してください。
原因が4,5,6の場合はメーカーのみ対応可能です。
サポートセンターに連絡をしてください。
TEL:0120-777-485
MAIL:info@passione.jp
Fault4 温度センサー
(ボイラーのサーモスタッド)
電源をONにして【HEATING】表示が出ているにも関わらず、ボイラーの表面温度が60℃以下になってしまう。
1.ボイラーの配線の接続不良。
2.ボイラーの保護装置(ヒューズ)が溶けている。
3.メインの電子基盤の損傷により、電気が通っていない。
4.ボイラーの損傷。
こちらの【Fault】対応はメーカーのみ対応可能です。
サポートセンターに連絡をしてください。
TEL:0120-777-485
MAIL:info@passione.jp
Fault5 モーター回転数センサー
(ブリューイングユニット)
ブリューイングユニットが正しい設置されていない。
1.モーター回転数センサーの不良。配線の損傷か接続不良の可能性がある。
2.モーター組立部品の不良、配線の損傷か接続不良(ブリューイングユニットが上下に稼動しない)
3.挽きカストレーにブリューイングユニットが引っかかっている。
4.ブリューイングユニットの不良。
こちらの【Fault】対応はメーカーのみ対応可能です。
サポートセンターに連絡をしてください。
TEL:0120-777-485
MAIL:info@passione.jp

その他のエラー現象

その他のエラー現象

不良内容 エラー部品識別エラ|部品識別 原因 備考・対処方法 備考

対処方法
熱水タップ(右タップ)からは通常通りお湯が出るのに、コーヒー注ぎ口からは少量しか、または全く出てこない。 ブリューイングユニット
逆流防止のための弁の部品(二方向分)
1.逆流防止のための弁の部品(二方向分)が不具合を起こしている。
2.水流の分配補助用のT字ジョイントが詰まっている 。
3.水流の分配補助用のマンドレルが跳ね返らない。
こちらの【Fault】対応はメーカーのみ対応可能です。
サポートセンターに連絡をしてください。
TEL:0120-777-485
MAIL:info@passione.jp
熱水タップ(右タップ)からもコーヒー注ぎ口からも少量しか出てこない。Fault2か Fault3とスクリーンに表示される。 ポンプ 1.ポンプチェックバルブの詰まりが水流を止めているか、少ない水流のせいでボイラーがオーバーヒートしている。
2.ポンプに損傷があり、水をくみ上げられないあるいはポンプチェックバルブに漏れが発生している。
こちらの【Fault】対応はメーカーのみ対応可能です。
サポートセンターに連絡をしてください。
TEL:0120-777-485
MAIL:info@passione.jp
コーヒー注ぎ口は正常だが、熱湯注ぎ口に異常がある。 スチームバルブ 1.熱水タップ(右タップ)のバルブを開けても反応がなく、リードスイッチも作動しない。
2.スチームバルブ詰まっている。
こちらの【Fault】対応はメーカーのみ対応可能です。
サポートセンターに連絡をしてください。
TEL:0120-777-485
MAIL:info@passione.jp
ブリューイングユニットで精製されるコーヒータブレットの蒸らしが行われない。 ブリューイングユニット ブリューイングユニットが残ってしまった水を全て排出することが出来ない。
1.水流の分配補助のT字分岐部分が少し詰まっている。 
2.モーター組立部品がブリューイングユニットを引っ張ることができない。
3.電磁弁が作動していない。
こちらの【Fault】対応はメーカーのみ対応可能です。
サポートセンターに連絡をしてください。
TEL:0120-777-485
MAIL:info@passione.jp
ブリューイングユニットの動作が通常より遅い。 ブリューイングユニット 1.ブリューイングユニットの作動抵抗が過剰に大きい。
2.モーター組立部品の損傷により機能不全を起こしている。
こちらの【Fault】対応はメーカーのみ対応可能です。
サポートセンターに連絡をしてください。
TEL:0120-777-485
MAIL:info@passione.jp
豆を入れてもFILL BEANSの表示が解消されない。 グラインダー 1.グラインダーのユニットを確認(モーターセンサーが損傷しているかもしれない)
2.グラインダーユニットが動いていない間でもモーターセンサーは作動している。
3.粉が入っていなくでもグラインダーユニットは作動している。
まずは電源をOFFにし豆を補填し、挽きカストレーを掃除した後再起動を行ってください。「FILL BEANS」が解消されれば問題ありません。
上記で解消されない場合はサポートセンターに連絡をしてください。
TEL:0120-777-485
MAIL:info@passione.jp
メッシュが過剰に大きい、または小さい グラインダー 1.豆の種類、油分の含有量によって変わってしまう。
2.豆の荒さがうまく調節できない
こちらはお客様ご自身で対応ができます。
使用する豆やグラインダーの設定を変更してください。
グラインダーユニットが動いている時に異音がする/豆の荒さが明らかに異なる グラインダー 上下の刃の磨耗している。
あるいは刃に損傷がある。
こちらの【Fault】対応はメーカーのみ対応可能です。
サポートセンターに連絡をしてください。
TEL:0120-777-485
MAIL:info@passione.jp
ウォーター(水)タンクを満タンにして正しい場所に設置していてもFILL WATERの表示が出る。 ウォーター(水)タンクセンサー 1.ウォータータンクセンサーサポートが切断している。
2.ウォータータンクセンサーまたは配線の接触不良か損傷。
3.ウォータータンクのフロートが張り付いて浮いていないか不具合を起こしている。
4.ウォータータンクセンサーとフロートがきちんと合っていない。
こちらはお客様ご自身で対応ができます。
原因1の場合:ウォータータンクセンサーをきちんと設置する
原因2の場合:ウォータータンクセンサーがしっかり接続されているか確認してください。またウォータータンクのフロートが張り付いている場合はよく振って解消してください。
それでも不具合が解消されない場合はウォータータンクセンサーを交換してください。
原因3の場合:ウォータータンクを交換する
以上で解消されない場合や不明点などございましたらサポートセンターに連絡をしてください。
TEL:0120-777-485
MAIL:info@passione.jp
作動中に電磁バルブから異音がする。 電磁バルブ 1.水流の分配補助の電磁バルブが正しい場所にあるか確認してください。
2.電磁バルブが(正しい場所)詰まっていないか確認する。
3.電磁バルブが緩んでいたり外れている、または寿命に達している。
こちらの【Fault】対応はメーカーのみ対応可能です。
サポートセンターに連絡をしてください。
TEL:0120-777-485
MAIL:info@passione.jp
左タップ(ロータリースイッチ)が反応しない。 左タップ(ロータリースイッチ) エンコーダーとプラスチック部品の不具合。 こちらの【Fault】対応はメーカーのみ対応可能です。
サポートセンターに連絡をしてください。
TEL:0120-777-485
MAIL:info@passione.jp
抽出量の調節がうまくいかない。または左タップ(ロータリースイッチ)が調整できない。 左タップ(ロータリースイッチ) エンコーダーに損傷がある。 こちらの【Fault】対応はメーカーのみ対応可能です。
サポートセンターに連絡をしてください。
TEL:0120-777-485
MAIL:info@passione.jp
コーヒーを作っているときに圧力が逃げてしまう。 逆流防止のための弁の部品(二方向分) 逆流防止のための弁の部品(二方向分)がきちんと取り付けされていない こちらの【Fault】対応はメーカーのみ対応可能です。
サポートセンターに連絡をしてください。
TEL:0120-777-485
MAIL:info@passione.jp
マシンの底から水が漏れる。 水経路 水の経路のどこかに漏れがある。(リングに不具合があるかジョイントが緩んでいる。 こちらの【Fault】対応はメーカーのみ対応可能です。
サポートセンターに連絡をしてください。
TEL:0120-777-485
MAIL:info@passione.jp
マシンに電気が通るとヒューズ飛び、電気が落ちる。 電気系統 深刻な漏電または電磁バルブの損傷。 こちらの【Fault】対応はメーカーのみ対応可能です。
サポートセンターに連絡をしてください。
TEL:0120-777-485
MAIL:info@passione.jp
スクリーンにPOWER ERRORが表示される。 メインの電子基盤 メインの電子基盤に問題がある。 こちらの【Fault】対応はメーカーのみ対応可能です。
サポートセンターに連絡をしてください。
TEL:0120-777-485
MAIL:info@passione.jp
スクリーンにEEPROM ERRORが表示される。 メインの電子基盤 メインの電子基盤に問題がある。 こちらの【Fault】対応はメーカーのみ対応可能です。
サポートセンターに連絡をしてください。
TEL:0120-777-485
MAIL:info@passione.jp
※メーカー純正のPASSIONE全自動コーヒーマシン用洗浄タブレットを使用したクリーニングメンテナンス
【洗浄プログラムA(60分プログラム)、洗浄プログラムB(15分プログラム)】方法はコチラのページをご参照ください。

全自動コーヒーマシンの
内部洗浄方法につきまして

PASSIONE全自動コーヒーマシン洗浄タブレットを使うことで、
ご自宅にて簡単に、マシン内部の洗浄ができます。
下のボタンから詳細をご覧いただけます。

詳細はこちら


お客様ご相談窓口

お客様ご相談窓口

フリーダイヤル
0120-777-485

平日10:00~18:00

  • ・製品に関するご購入、ご質問、お見積もりコーヒー豆のご購入等お気軽にお問合せ下さい。
  • ※年末年始、ゴールデンウィークその他都合によりお休みさせていただくことがございますので予めご了承ください。
    フリーダイヤルは携帯電話・PHSからもご利用になれます。
  • ※土日祝祭日はお休みをいただきます。
  • ※ IP電話などフリーダイヤルをご利用いただけない場合は047-318-2685(通話料お客様ご負担)までお問い合わせください。
WEBでお問い合わせ

WEBでお問い合わせ

365日 24時間受付可能

  • ・営業時間内にお電話ができない場合などは下記のお問い合わせフォームボタンをクリックして頂き、詳細のご記入をお願い致します。追って、担当者よりご返信をさせて頂きます。
  • ※弊社からのメールは @passione.jp ドメインのアドレスから送信されます。このドメインからのメールを受信可能な設定にお願い致します。
製品の修理について

製品の修理について

  • ・PASSIONEではご購入製品を長くお使いいただくため製品の修理サービスを行っております。
  • ・保証期間内であり、私たちがお約束した使用条件内での故障(保証書内容に準じる)につきましては無償にて製品の修理、もしくは交換をさせていただきます。また上記以外の場合の故障につきましては有償にて修理、交換をさせていただきます。
品質保証について

品質保証について

  • ・ご購入頂いた全てのお客様がしっかりと良質なコーヒーを楽しめるように。PASSIONEでは保証書を発行させて頂いた製品の品質をメーカー保証いたします。また弊社より発送してお客様のお手元に届いた時点で、万が一製品にに欠陥があった場合下記のお客様サポートセンターまでご相談ください。商品の交換および修理をさせていただきます。
  • ・大変心苦しいことではございますが交換、修理が難しい場合は商品代金をご返金させて頂きます。くわしくは商品に付属の保証書をご覧ください。