マイクロロット Microlot

2016/04/14

マイクロロットとは、多品種少量生産のことを意味する。
大規模精製工場ではなく、小規模農園が単独で精製工場を持ったり、グループで共同の工場を運営したりすることで少量でも高品質なコーヒー豆を提供し、それをコーヒーショップ等の店舗が買い付ける事が出来る。

つまり、かつてコーヒー豆の注文はコンテナ(約250袋。一袋約60kg)単位だったが、現在では1袋からオーダーの対応が可能になった。

標高や生産地、精製方法などの違いで細かく分類され、テロワールの差から生まれる繊細な味わいが堪能できるが、豆のサイズ(スクリーン)をそろえる事が難しい。

カテゴリ:お知らせ
| 投稿日:2016年04月14日 |
投稿者: